• HOME
  • 医院紹介
  • 各種検査
  • コンタクレンズ処方
  • メガネ処方
  • 目が疲れる
  • 目が乾く
  • 目がかゆい
HOME > 各種検査

各種検査

検査の大切さ

検査の大切さ

当院では、視力、視野、眼圧、眼底、顕微鏡、ウイルスの検査を行っています。

視力測定

裸眼での視力と、矯正視力(検査用眼鏡をかけた視力)の2種類を調べます。
左右の目を交互に検査するのは、負荷をかけて見えにくくなるのを防ぐためです。眼科では用いませんが、学校などで手で目隠しを目に当てて検査する場合は、ぎゅっと押さえつけないようにしましょう。一般的に1.0あれば視力は正常だと診断されます。

視野検査

物の見える範囲を調べます。網膜や視神経の機能をチェックでき、視野が狭い(=視野に異常がある)場合は、網膜はく離や緑内障が疑われます。
最近は、若年性の緑内障患者が増えてきています。自覚症状がほとんどないことが多く、健康診断で眼圧に異常があると言われ眼科を受診して診断が下されるケースがよくあります。眼鏡やコンタクトレンズのメンテナンス(定期検診)のタイミングで視野検査を受けることをお勧めしています。

眼圧検査

眼球をボールに例えると、固さ(弾力)が眼圧となります。
小さなチップで角膜に触れ光をあてて眼圧を測る方法と、圧縮した空気をシュッと目に吹きつけて計る方法とがあります。
眼圧が高いと緑内障の可能性があります。

眼底検査

検眼レンズを通して底の様子をチェックします。
目の中へ光を入れその反射像を見ることで眼底のことが分かります。網膜や視神経など目に関することだけでなく、糖尿病高血圧脳内の血流動態の異常など全身疾患の合併症の発見につながることもあります。

顕微鏡検査

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡という特殊な顕微鏡を用いて目の様子を確認します。
医師の指示に従って上下左右に眼球を動かし、あらゆる角度から詳しく診ていきます。

ウイルス検査

綿棒で結膜に触れ、10分ほどでウイルスの有無がわかる検査キットを用います。